生え際 復活

生え際 復活 ≫ ヘルメット内の頭皮環境は気温・不快指数上昇、細菌増加傾向
帽子やヘルメットを仕事などで被っている人はハゲやすいといわれますね。

「最近、髪の毛が薄くなってきたなあ」と感じていても、会社の規則上帽子やヘルメットを被らなければいけない人は、帽子やヘルメットを被るのはハゲやすいのかどうか、ハゲないとまではいかないにしても頭皮に悪影響を及ぼすかどうかは非常に気になるところでないでしょうか。



「帽子内環境研究会」という頭皮や毛髪研究のスペシャリストからなる研究チームがあるのですが、その「帽子内環境研究会」が帽子と頭皮環境の関係性を調査するための実験を行ったそうです。

実験方法は、ヘルメットを被って継続的に有酸素運動を行うというものだそうですが、実験時19~23度の気温のなか、ヘルメットの内部は、なんと30度まで上昇したそうです。

帽子内環境研究会の研究者は、埼玉県熊谷市の真夏の平均気温に匹敵する暑さと分析していましたので、例えば、春や秋に帽子やヘルメットを被っている人の頭皮の環境は、真夏状態といっても過言ではないということになりますね。



また、頭皮にある細菌も増え、不快指数も上昇する傾向にあり、ヘルメット内部の頭皮環境は、世界各国の高温多湿・熱帯雨林地域に匹敵する環境と、帽子内環境研究会では分析していましたよ。


この実験結果をみたとき、帽子やヘルメット内の頭皮環境は、想像以上によくないんだなあと思いましたね。


頭皮環境が悪い状態を続けていると、薄毛や抜け毛の原因にも繋がっていきますので、仕事で勤務中長時間、帽子やヘルメットを被っている人は特に意識的に、仕事の休憩時間や会社から帰宅してから、頭皮ケアを怠らないようにする必要があるといえますね。
 

Copyright © 2017- 生え際 復活